みたか子育てコンビニに新しいコラムが掲載されました。
「​おこづかいの平均額はいくら?​」

これまで小学校から大学まで、それぞれの教育費について見てきました。
教育費とともに、子どもの成長につれて「おこづかい」のことを考える必要が出てきます。我が家はいくらが適正なのか?他の家庭のデータを参考に考えてみてはいかがでしょうか。今回は金融広報中央委員会の「暮らしと金融なんでもデータ」2017年の結果を見ていきたいと思います。

おこづかいの金額(小学生)
最も多く回答された金額は、低学年・中学年・高学年いずれも500円でした。高学年になるについて1,000円~1,500円の金額帯と回答する割合が増えてきます。

なお、上記の結果はおこづかいを月に1回もらう小学生を対象にした結果です。
小学生低学年でおこづかいを月に1回もらうと回答したのは13.4%、ときどきもらうと回答したのは57.3%、中学年では月に1回が32.1%、ときどきが47.8%、高学年では月に1回が45.0%、ときどきが38.3%となっています。高学年になるについて月に1回決まってもらう割合が増えています。
→続きはこちらから

みたか子育てコンビニ ホームページ http://convini.kosodate.mitaka.ne.jp/
みたか子育てねっとからもご覧になれます

マネーライフ・ラボ三鷹で相談する