みたか子育てコンビニにコラム「令和2年(2020年)の所得税から変更される点とは」が掲載されました

みたか子育てコンビニに新しいコラムが掲載されました。

確定申告記入

2020年分から所得税が増える人、減る人

三鷹のファイナンシャル・プランナーの伊達です。

2020年分の所得税の改正で、会社員にとって大きな変更がありました。主に次の3つの控除です。

  • 給与所得控除の見直し、上限の引き下げ
  • 基礎控除の見直し
  • 所得金額調整控除の新設

給与所得控除については少しずつ上限が引き下げられてきましたが、今回の改正では上限が220万円から195万円に引き下げられました。控除額が少なくなると、税金を計算する上での課税額が増えます。給与所得控除が上限に該当する給与収入850万円以上の人にとっては負担増となります。

基礎控除については基礎控除が10万円増えた一方で、給与所得控除と公的年金等控除については10万円減りました。会社員など基礎控除と給与所得控除の両方が適用される人は、トータルでは影響がありません。自営業やフリーランスなど給与所得控除が適用されない人にとっては基礎控除が増える分、逆に税負担が減ることになります。

所得金額調整控除は今回の改正の影響を和らげるために新たに設けられた制度です。特定の条件を満たす場合に追加の控除が適用されるため、結果的に今回の改正の影響を受けない人も多いと考えられます。

内容の詳細については、税理士または最寄りの税務署にお問い合わせください。

コラムでは2020年の所得税の変更点について主に会社員に関係する点について紹介しています。

掲載コラム:令和2年(2020年)の所得税から変更される点とは
(http://convini.kosodate.mitaka.ne.jp/docs/2020112000017/)

貯金箱のイメージ

あなたのお金の悩みをFPに相談してみませんか?

マネーライフ・ラボ三鷹では、さまざまなお金に関する相談に対応しています。3つのご相談プランからお選びいただけます