みたか子育てコンビニに新しいコラムが掲載されました。
「​中学から私立校を選ぶ場合の教育費​」

前回は私立高校に進学するコースで教育費が「いつ」「いくら」必要かを学年を順に追って確認しました。今回は中学から私立校のコースを選ぶ場合について考えてみたいと思います。

首都圏では私立中学も多くあり、有名大学を目指すなどの目的で中学から私立に進学させたいと考える親御さんもおられます。中学は義務教育のため公立校が主流であり、あえて私立校を選ぶということはそれなりの費用がかかることを覚悟しなければなりません。次のように、中学から私立に進学するケースを考えてみます。
・小学校:公立
・中学校:私立
・高等学校:私立
・大学:私立文系

表は各学年で1年間にかかる費用を万円単位で表しており、それぞれの数字はこれまでのコラムで紹介してきた全国調査の平均値です。学習費には習い事や補習塾の費用も含まれていると考えてください。なお、子育てに必要な食費や日用品費はここには含まれていません。

以前にもご紹介しましたが私立中学に通う場合、学費として年額120万円、月約10万円近く必要になります。さらに中学受験のため小学4年生ごろから塾通いをするケースも多く、これらの学習費もかなりの金額になります。中学から私立校に通う場合の教育費の考え方は次のようになります。
→続きはこちらから

みたか子育てコンビニ ホームページ http://convini.kosodate.mitaka.ne.jp/
みたか子育てねっとからもご覧になれます

マネーライフ・ラボ三鷹で相談する