2017年8月19日(土)お盆休みも最後の土曜日に市民協働センターで
「コンビニキッズ お金の学校」を開催しました。

講師はキッズマネーステーション認定講師の永吉美保さん。

はじめに、お金とは何?の話から始まりました。
大昔は、今と違って石や貝殻、塩がお金として使われていたそうです。
今の硬貨やお札についてのトリビアの紹介もありました。
お金の歴史を知ることって大事ですよね。

そして当日のメイン「おこづかい会議」です。

  • おこづかいを何に使うか
  • おこづかいをいくらにするか
  • おこづかいをもらうために何かお手伝いをするか

などを親子で話しあってもらいました。

話し合った結果を「おこづかい契約書」として紙に書きます。
「契約」の考え方も学べるんですね。

最後は、おこづかいをもらうためのアピールタイム。
おこづかいがほしい、おこづかいを増やしてほしいなど、
お子さんの思いをポスターにしてもらいました。

子どもがポスターづくりに一生懸命な間は、
親御さんから質問を受け付ける時間。
お母さんのおこづかいに関する相談にお答えしました。

途中の休憩時間にお札を扇のように広げて数える
パフォーマンスがあったり、いろいろ趣向が凝らしてありましたよ。

お子さんもお母さんも満足し、楽しい時間でした。
また機会があれば開催したいと思います。