ファイナンシャルフィールドに「ボーナス減で住宅ローンのボーナス払いが難しそう。どうすればいい?」が掲載されました

ファイナンシャルフィールドで、執筆したコラムが掲載されています。これまで掲載されたコラムを紹介します。

通帳と電卓

返済が難しくなったら早めに金融機関に相談

三鷹のファイナンシャル・プランナーの伊達です。

新型コロナウイルス感染症の影響は広い範囲に及んでいます。仕事は続けることができているケースでも、ボーナスが減少あるいはなくなるケースがあります。近年ではボーナスは会社の業績に連動するケースが増えており、今回のような予期せぬ状況では真っ先に影響を受ける収入と考えられます。

ボーナス払いは1回に返済する金額が大きいために、ボーナスが減少あるいはなくなるとその返済が大きな負担となります。住宅ローンは返済期間が長いので、今後同じような状況が発生しないとも限りません。ボーナス払いを見直す機会と考えてよいのではないでしょうか。

収入としては返済可能だが、ボーナス返済が厳しい場合は、ボーナス返済をなしにして毎月の返済だけにする。あるいは、ボーナス返済の割合を減らし、毎月の返済の割合を増やしましょう。あわせて毎月の家計の無駄を見直して、返済が継続できるようにしましょう。

一方、ボーナスが減ったことで住宅ローンの返済そのものが難しくなる状況では、住宅ローンの返済計画を見直す必要があります。返済期間を延ばして毎月の返済額を減らしたり、一時的に返済を猶予してもらうことも検討しなければなりません。

返済が難しいと感じたら、無理をせずに早めに金融機関に相談しましょう。

コラムではボーナス減で住宅ローン返済が難しい場合の対応について紹介しています。

掲載コラム:ボーナス減で住宅ローンのボーナス払いが難しそう。どうすればいい?
(https://financial-field.com/loan/2020/07/15/entry-82466)

ファイナンシャルフィールドのコラムでは、一般生活者が興味があることについて、制度や事実を分かりやすく解説するものを多く執筆しています。個人的な見解よりも、客観的な視点を重視してコラムを作成していますので、お金に関する制度や考え方を知りたいときにご覧いただければ幸いです。

貯金箱のイメージ

あなたのお金の悩みをFPに相談してみませんか?

マネーライフ・ラボ三鷹では、さまざまなお金に関する相談に対応しています。3つのご相談プランからお選びいただけます